パティスリーコース

スイーツ作りの基礎と専門的な技術を学びながら、トレンドや消費者ニーズを意識した色彩学やラッピングなどにも力を入れます。感性豊かで発信力もある、新しいパティシエを目指します。

学科紹介映像

Class introduction授業紹介

1年次(パティシエ科共通)

2年次での製菓衛生師資格の取得を目指して、1年次では製菓理論、食品衛生学、栄養学などを重点的に学びます。
また、科学的理論にもとづく製菓の知識やマーケティング、就職後に必要な接客スキル、フランス語の基礎も身につけます。

洋菓子(基本編)

洋菓子の基本となる、スポンジ、パイ、シューなどのレシピや技術を習得します。美味しいクリームの作り方は反復練習で身につけます。

パン

食パン、菓子パン、フランスパンなど、多種類のパンの配合を学びます。計量からミキシング、発酵、成形、焼成まで、店舗と同じ手順で作ります。

和菓子

あん、もち、上生菓子、まんじゅうなどを作り、和菓子づくりの基本となる技術を体得します。和の食材はスイーツにも活かせます。

2年次

洋菓子(応用編)

パティシエの現場では、ケーキなどにクリームを塗るナッペの速さや仕上がりの美しさが求められます。
即戦力になれるよう、大量生産もこなせる技術や、多種多様な洋菓子の作り方、テクニックを実践で学びます。

チョコレート

チョコレートづくりに欠かせないテンパリングといわれる温度調整。その基本技術をマスターし、チョコレートを応用した技法を習得します。

アメ細工

高温(180℃)のアメを扱う方法を覚えます。砂糖の種類によって異なるアメの性質や表現の仕方を学び、作品制作に取り組みます。

工芸菓子制作

シュガークラフトやマジパン細工の技を、専門家の講師から習得。ジャパンケーキショーや卒業制作の作品づくりにも活用できます。

接客

接客の基本を「サービス接遇検定」で学びながら、お客様への対応の仕方や接客マナーは、販売実習を通してスキルアップします。

Qualification目標取得資格

  • 製菓衛生師(2年次受験)
  • 色彩検定
  • サービス接遇検定 2級
  • サービス接遇検定 準1級
  • サービス接遇検定 1級
  • 菓子製造技能士 2級(受験資格)
  • パティスリーラッピング検定
  • 食品衛生責任者

Specialized subject専門科目

  1. 1年次(パティシエ科共通)

    製菓衛生師国家試験必修科目
    製菓理論
    製菓実習〈洋菓子・パン・和菓子〉
    食品衛生学
    公衆衛生学
    食品学
    栄養学
    衛生法規
    社会
    その他
    フランス語
    インターンシップ
    デザイン特論
    進級制作
  2. 2年次

    選択必修科目
    一般教養
    商品研究
    色彩学
    ビバレッジ
    就職指導
    デザイン特論
    サービス接遇
    卒業制作
    デッサン
    実務実習(インターンシップ)
    ラッピング
    DM・POP
    Webデザイン
    表現技法
    国試対策