足利製菓専門学校

特別講師 江森 宏之 シェフの授業が行われました!

2021.02.26

[パティシエ科]

2月1日に『メゾン ジブレー』江森 宏之シェフの授業が行われました!


江森 宏之 シェフ

栃木県足利市生まれ。
製菓専門学校卒業後、横浜にある有名店「ベルグの4月」に入社、その後フランスに渡る。
フランス メッスにあるMOFフランス最高職人 ルレデセールインターナショナルの店「Patisserie FRESSON(パティスリー・フレッソン)」、またベルフォーにあるステファンクラインで修行し、帰国後は再び「ベルグの4月」でシェフパティシエとして迎えられる。
2013年7月に表参道にオープンしたアントルメグラッセ・生グラス専門店「GLACIEL(グラッシェル)」のシェフパティシエとして活躍、数々のメディアに登場。国内外の多くのコンテストで優勝経験があり、注目のパティシエの一人である。
2015年12月 とちぎ未来大使に任命される。
2016年2月 あしかが輝き大使に任命される。
2017年7月「MAISON GIVRÉE(メゾン ジブレー)」開業
本校講師、パティスリーのコンサルティング、宮崎市とのコラボ活動
『スイーツプロジェクト』と、幅広く活動している。


1年・2年ともにイチゴのフレジェを制作。
旬のイチゴを使ったケーキです。
口当たりのよいクレーム・ムースリーヌの仕込み方を温度の細かいチェックから教えていただきました。
飾り方のコツやケーキを売るためどのような考えでケーキを開発するかなどもお話しいただきました。
イチゴの様々な品種のクイズなどもあり、楽しい授業でした。

ページの先頭へ戻る