足利製菓専門学校

特別講師 富沢 誌織シェフの授業が行われました!

2019.02.10

[パティシエ科]

1月31日(木)にランコントレ+デコ 富沢 誌織シェフの特別授業を開催しました。


富沢 誌織シェフ
短大卒業後ランコントレに勤務/ウエディングケーキ、デコレーションケーキ、アイシングクッキーなどデザイン性の高いスイーツ製作を行う

ランコントレ+デコ
群馬県桐生市川内町3丁目126-1
TEL:0277-46-9631
10:00~18:00


午前中は2年生が、午後は1年生がアイシングでのクッキー飾りの授業を行いました。

店名の「ランコントレ」とはフランス語で「出会い」という意味だそうです。
お客様とのたくさんの出会いを大切にしたいという思いがつまった店名です。
その思いから、商品はウェディングケーキの製作やバースデイケーキの製作、お祝い事や催事でのケーキも製作しています。富沢シェフは3Dアートデコレーションケーキが得意で、例えばサッカーボールの依頼があると、見た目がまるでサッカーボールそのもののケーキを製作します。見た目にもとても驚かされますが、味もとても美味しくて、催事での盛り上がりを演出してくれます。富沢シェフのたくさんの技術がある中、その中の一つ、アイシングでのクッキー飾りを教えていただきました。

粉糖、卵白、食紅を使い、焼いたクッキーに模様やメッセージを描いていきます。
粉糖にはいくつか種類があり、アイシングに向いているのは「純粉糖」「コーンスターチ入り粉砂糖」「オリゴ糖入り粉砂糖」です。
食紅はアイシングに色を付けるときに使います。アイシングはジェルタイプの食紅を使用します。

2年生はアイシングに加え、ウェディングケーキ製作時に装飾するナッペ技術を教えていただきました。工芸菓子の技術は、美しさとともに、心を豊かにすることができる力を秘めているものだ、と学生は改めて感じたようです。

ページの先頭へ戻る