足利製菓専門学校

特別講師 矢嶋 透 シェフの授業が行われました!

2019.10.07

[お知らせ]

10月1日(火)に、矢嶋 透 シェフの特別授業が行われました!


矢嶋 透 シェフ

みどり市、エリゼサンク(フランス料理店)
足利市、サロンドティエ・ヒデヒロヨシエ
新潟県、シャルトル95(フランス菓子店)
品川区ホテル御殿山ヒルズペストリー(ル・コルドン・ブルー)
天王洲アイル店シェ松尾シェフパティシエ勤務
ルノートルジャポン入社、研修後エコールルノートル、渡仏(ルノートルプレジール工場勤務)を経て日本代理店シェフパティシエとして勤務
退社後、太田市にてパティスリーラミティエを出店/フランス菓子全般(地方菓子他)を得意とする


1年生の実習はモカロールケーキです。

ビスキュイ、クリーム共にコーヒーの香り豊かなケーキです。
ロールの模様もビスキュイとクリームの厚さが同じで、ロールの状態を縞模様のようにきれいに仕上げます。

そして、周りに付けたプラリネット・アマンドの香ばしさと食感が美味しさをさらに引き立てます。


2年生は3種作成しました。

エクレール・カフェ(コーヒーエクレア)はフォンダン(砂糖を意図的に再結晶させたもの)も手作りしました。
滑らかなフォンダンの口どけと綺麗なツヤは一手間かける価値があります。


グルマンディーズ・フレーズ(食道楽のイチゴ)はクレームパティシエールの上にイチゴを飾り、その上にクレームシャンティーを絞ったエクレアです。


ケークアマンドオランジュ(アーモンドとオレンジのケーキ)はアーモンドパウダーをたっぷりと使い、オレンジの果皮で香りをつけた、とても口当たりの柔らかいケーキです。

グラスアローを最後に塗り、高温のオーブンで表面をサッと焼き、ツヤツヤと仕上げました。
通常の授業よりも品数が多く大変でしたが、2年生、頑張りました!

矢嶋先生!ありがとうございました!
次回もよろしくお願いいたします!

ページの先頭へ戻る