足利製菓専門学校

卒業生の声

川田 弘之

パティシエ
ドウーブルシェフ 久喜店

平成28年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/佐野日本大学高等学校 出身

技術と感性を磨き、いつか自分のお店で世界と勝負!現在担当しているのは、デコレーションケーキの仕上げや仕込みです。注文を受けてからその場で仕上げるため、時間との勝負の連続です。仕込みに関しては覚えることが多くて大変ですが、美味しさの追求に欠かせない、やりがいのある楽しい仕事です。パティシエの仕事をしていて嬉しく思うのは、自分が作ったお菓子でお客様を笑顔にできることです。幸せなときはもちろん、辛いとき、悲しいときも寄り添える。他の仕事にはない、喜びだと思います。現場に入って 2 年になります。在学中に座学と実習を通してパティシエの知識と技術の基礎を徹底的に身につけられたからこそ、実践のなかで応用的な知識や技術が吸収できるのだと思います。学校の授業で個性豊かなシェフの技術と感性に触れ、さまざまな気づきを自分の引き出しに入れることができたのも、現在の成長の糧になっていると感じます。目標は、日本を背負って世界を相手にできる職人になることです。世界と渡り合える知識と技術、そして一つひとつの食材の個性を引き出せる感性を磨きつづけ、将来、自分の店を出すのが夢です。夢を実現する鍵は、実践の中に発見を重ねていくことだと思っています。食材の個性を見極めるために生産者の方々やお客様の声に耳を傾けたり、食材や配合を変えたときの違いを見定めて対応したりする経験を重ねながら、パティシエとしての技量を高める努力をこれからも続けていきます。

ドウーブルシェフ 久喜店

埼玉県久喜市吉羽 2-6-9
TEL:0480-24-3001 
9:00~20:00

飯島 明香

ヴァンドゥーズ
メゾン ジブレー

平成26年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/群馬県立館林商工高等学校 出身

「世界に愛される」を夢に、小さな目標を一つひとつ。卒業後、レストランでのパティシエと調理、パティスリーでのパティシエの仕事を経て、現在は、学生時代から憧れだった江森シェフのお店で接客・販売を担当しています。お客様にケーキの特徴を説明したり、焼き菓子のラッピングをしたり、SNSでお店の情報や新商品の告知をしたり、パソコンでポップを作成したり、日々の業務は多岐にわたります。商品をアピールするにも、お客様の要望をいち早くキャッチするにも、現場でのパティシエの経験が活かせていると感じます。求められるサービス以上の心遣いができたとき、お客様の笑顔が輝きます。それが、何よりのやりがいです。常連様が増えていることも、張り合いになっています。就職してすぐに即戦力として仕事を回してもらえたのは、在学中に実践的な授業が多かったおかげです。働きながら、できることが増え、それによって次の道が開かれ、ステップアップしてきました。失敗することもありますが、原因を見極めて解決策を見つけられるのは、学校で製菓の理論をしっかりと学んだからだと思います。  オープンして日の浅いお店を、たくさんの人に愛され、全国的に、さらに世界的に評判の名店にすることを目指し、日々力を尽くしています。「目の前の小さな目標をクリアしていくことで、大きな夢が実現される」と、いろいろなシェフが教えてくれました。夢に向かって、これからも目の前の一つひとつの仕事に真摯に向き合っていきます。

メゾン ジブレー

神奈川県大和市中央林間 4 丁目 27-18
TEL:046-283-0296
10:00~19:00(※月曜日定休)

人見 綾芽

パティシエール
ア・ルーアン

平成29年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/青藍泰斗高等学校 出身

お客様の笑顔が見たいから、日々成長しつづけます。 現在の主な仕事は、プチガトーの飾り、ショートケーキのナッペなどの仕上げです。ムース、クレープ、プリンなどの仕込みを担当することもあります。ショーケースに並ぶケーキを眺めて嬉しそうに微笑んでいるお客様の表情を見るにつけ、パティシエの仕事を選んで本当によかったと思います。最近は、丁寧さと素早さのノルマを自分に課し、毎日少しずつでも技術を向上させることにやりがいを感じています。いまの職場では、時々の状況を判断して柔軟に作業をこなす必要があります。常に効率を考えて仕事を進める習慣を学校の実習で身につけているから、うまく対応できていると思います。学校で同じ夢を追う最高の仲間と切磋琢磨し、たくさんのイベントを支え合って成功させた数々の経験が、いまの私の底力になっていると思います。

ア・ルーアン

群馬県館林市西高根町 16-11
TEL:0276-75-5000
9:30~20:00

一安 祐希

ヴァンドゥーズ
お菓子夢工房 ル・クレール

平成 29 年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/群馬県立桐生南高等学校 出身

在学中に身につけた接客力が、職場で生きています。販売の仕事は覚えることが多く、最初はとても大変でした。全ての商品を覚え、段取りや役割分担も学ばなければなりません。緊張の連続でしたが、できることが増えていく楽しさと、お客様からの「ありがとう」の言葉が支えになりました。私は人見知りしがちな性格でしたが、在学中のチャレンジショップやケーキ販売のイベントでの実践的な接客体験が、殻を破ってくれました。現在は、お客様に喜んでいただけるよう努め、仕事の幅を広げてお店の一員としてさらに役立つことを目指しています。いつも心がけているのは、周囲をよく見て行動することです。そうすると、気づきが多いのです。気づきは、必ず成長につながります。目の前のことに全力で取り組めば道が開けていくと信じて、日々の仕事に臨んでいます。

お菓子夢工房 ル・クレール

群馬県太田市宝町 799-2
TEL:0276-31-8350
10:00~19:00(※水曜日定休)

黛 鼓呼蕗

パティシエール
パティスリー・ローレライ

平成28年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/白鷗大学足利高等学校 出身

緊張感ある毎日も、お客様の笑顔に力をいただきます。主にデコレーションケーキの担当をしています。50台ものケーキを製作する日もありますが、お客様をお待たせしないよう毎日時間との闘いです。緊張感はありますが、お客様からの「かわいい!」「おいしそう!」という言葉や笑顔に、やりがいのある仕事だなと実感します。在学中に取得した製菓衛生師の資格では、製菓理論・衛生学・栄養学などを習得し、現場でとても役に立っています。また、オープンキャンパスの手伝いを継続した経験は、人見知りだった私を積極的に話しかけられる性格に変え、今の接客にもつながっています。将来の夢は日本最大の洋菓子コンテストであるジャパン・ケーキショーで金賞以上の賞を獲ることです。「継続は力なり」という言葉を信じ、夢に向かって日々修行を続けます。

パティスリー・ローレライ

栃木県小山市八幡町2-2-1
TEL:0285-25-3904
9:00~19:00(※水曜日定休)

小玉 稜

パティシエ
SWEETS Takayoshi

平成28年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/栃木県立宇都宮工業高等学校 出身

癒しを提供できる、職人冥利に尽きる仕事です。プチガトーやアントルメのデコレーションを担当しています。自分がデコレーションしたケーキがお客様の目に留まり、笑顔で買って帰られる姿をみるのはとても嬉しい瞬間です。自分が作ったケーキがお客様のひとときの癒しになっていると思うと、職人冥利に尽きると思います。日々の仕事を通し、現場では「基本」がものをいうと実感しています。2年間で蓄積した製菓衛生師の知識や、1000時間の実習に中で、反復練習をして習得した基本的な技術は現場でも大いに生かすことができます。最終的な目標は自分の店を持つことですが、いつか母校の後輩たちに授業ができるようなパティシエになりたいですね。それが、基礎・基本の大切さを教えてくださった先生方、学校に対する感謝と恩返しだと思っています。

SWEETS Takayoshi

栃木県宇都宮市宝木町2-802-1
TEL:028-689-8041
9:30~20:00(※月曜日定休)

田﨑 諭

パティシエ
Petite Fontaine

平成26年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/栃木県立足利清風高等学校出身

お客様に喜んでいただけたやりがいは、想像以上です。社会人になり、パティシエとして働き出して2年になります。私の仕事は仕込みや飾り付けなど基本的な業務がほとんどですが、日々新しいことを覚えていくことが楽しみでもあります。
パティシエは朝が早く、長時間の立ち仕事であることは学生時代から覚悟をしていました。実際に働いてみるとその大変さは思っている以上でしたが、その分お客様に喜んで頂いた時の喜び・やりがいも想像を超えるものでした。
まだ先の話かもしれませんが、将来的には自分の店を持ち、たくさんの人を笑顔にしていきたいと思います。

パティスリー Petite Fontaine(プティ フォンティーヌ)

栃木県足利市八幡町1丁目2-14
TEL:0284-70-0555
9:00~20:00(※水、第2 木曜日定休)

新井 希

パティシエール
お菓子の夢工房 プチール

平成26年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/群馬県立伊勢崎商業高等学校出身

考案したケーキを販売できた喜びは言葉に表せません。仕事内容は、アントルメ・タルト・クッキーデコの仕上げです。他にも色々挑戦させてくださる職場で、私が考案したケーキをお店に出せることには驚きました。もちろん先輩方のアドバイスを頂き、試作を繰り返しながら進めます。やっとの思いでオーナーからOKをもらい、ショーケースに自分のケーキが並んだ時の喜びと達成感は言葉に表せません。働いて勉強になった点は、「前日にどこまでケーキを仕上げたら翌朝スムーズに商品化できるか」や「どうしたらもっと売上を作れるか」といった経営的な視点の大切さです。仕事の効率性や販売促進ですね。正直、仕事内容はハードで体力勝負だと思いますが、お客様がケーキを嬉しそうに見ていたり、ご購入された後の笑顔を見た時の喜びは、何ものにも代え難く、いっそうやりがいを感じます。

パティスリー お菓子の夢工房 プチール

群馬県高崎市矢中町182-1
TEL:027-347-1502
10:00~19:00(※火曜日定休)

ページの先頭へ戻る