足利製菓専門学校

卒業生の声

黛 鼓呼蕗

パティシエール
パティスリー・ローレライ

平成28年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/白鷗大学足利高等学校 出身

緊張感ある毎日も、お客様の笑顔に力をいただきます。主にデコレーションケーキの担当をしています。50台ものケーキを製作する日もありますが、お客様をお待たせしないよう毎日時間との闘いです。緊張感はありますが、お客様からの「かわいい!」「おいしそう!」という言葉や笑顔に、やりがいのある仕事だなと実感します。在学中に取得した製菓衛生師の資格では、製菓理論・衛生学・栄養学などを習得し、現場でとても役に立っています。また、オープンキャンパスの手伝いを継続した経験は、人見知りだった私を積極的に話しかけられる性格に変え、今の接客にもつながっています。将来の夢は日本最大の洋菓子コンテストであるジャパン・ケーキショーで金賞以上の賞を獲ることです。「継続は力なり」という言葉を信じ、夢に向かって日々修行を続けます。

パティスリー・ローレライ

栃木県小山市八幡町2-2-1
TEL:0285-25-3904
AM9:00~PM7:00(※水曜日定休)

小玉 稜

パティシエ
SWEETS Takayoshi

平成28年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/栃木県立宇都宮工業高等学校 出身

癒しを提供できる、職人冥利に尽きる仕事です。プチガトーやアントルメのデコレーションを担当しています。自分がデコレーションしたケーキがお客様の目に留まり、笑顔で買って帰られる姿をみるのはとても嬉しい瞬間です。自分が作ったケーキがお客様のひとときの癒しになっていると思うと、職人冥利に尽きると思います。日々の仕事を通し、現場では「基本」がものをいうと実感しています。2年間で蓄積した製菓衛生師の知識や、1000時間の実習に中で、反復練習をして習得した基本的な技術は現場でも大いに生かすことができます。最終的な目標は自分の店を持つことですが、いつか母校の後輩たちに授業ができるようなパティシエになりたいですね。それが、基礎・基本の大切さを教えてくださった先生方、学校に対する感謝と恩返しだと思っています。

SWEETS Takayoshi

栃木県宇都宮市宝木町2-802-1
TEL:028-689-8041
AM9:30~PM8:00(※月曜日定休)

田﨑 諭

パティシエ
Petite Fontaine

平成26年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/栃木県立足利清風高等学校出身

お客様に喜んでいただけたやりがいは、想像以上です。社会人になり、パティシエとして働き出して2年になります。私の仕事は仕込みや飾り付けなど基本的な業務がほとんどですが、日々新しいことを覚えていくことが楽しみでもあります。
パティシエは朝が早く、長時間の立ち仕事であることは学生時代から覚悟をしていました。実際に働いてみるとその大変さは思っている以上でしたが、その分お客様に喜んで頂いた時の喜び・やりがいも想像を超えるものでした。
まだ先の話かもしれませんが、将来的には自分の店を持ち、たくさんの人を笑顔にしていきたいと思います。

パティスリー Petite Fontaine(プティ フォンティーヌ)

栃木県足利市八幡町1丁目2-14
TEL:0284-70-0555
AM9:00~PM8:00(※水、第2 木曜日定休)

新井 希

パティシエール
お菓子の夢工房 プチール

平成26年度パティシエ科 パティスリーコース卒業/群馬県立伊勢崎商業高等学校出身

考案したケーキを販売できた喜びは言葉に表せません。仕事内容は、アントルメ・タルト・クッキーデコの仕上げです。他にも色々挑戦させてくださる職場で、私が考案したケーキをお店に出せることには驚きました。もちろん先輩方のアドバイスを頂き、試作を繰り返しながら進めます。やっとの思いでオーナーからOKをもらい、ショーケースに自分のケーキが並んだ時の喜びと達成感は言葉に表せません。働いて勉強になった点は、「前日にどこまでケーキを仕上げたら翌朝スムーズに商品化できるか」や「どうしたらもっと売上を作れるか」といった経営的な視点の大切さです。仕事の効率性や販売促進ですね。正直、仕事内容はハードで体力勝負だと思いますが、お客様がケーキを嬉しそうに見ていたり、ご購入された後の笑顔を見た時の喜びは、何ものにも代え難く、いっそうやりがいを感じます。

パティスリー お菓子の夢工房 プチール

群馬県高崎市矢中町182-1
TEL:027-347-1502
AM10:00~PM7:00(※火曜日定休)

ページの先頭へ戻る