足利製菓専門学校

パティシエ科 パティスリーコース

パティスリーの現場で即戦力となれるようさまざまな実習を行い幅広い技術を身につけます。

基礎+コース専攻で
幅広いスキルと高い専門力をつける。
1年次では基礎を身につけ、2 年次には「パティスリー」「カフェ・調理」の選択コースで専門性を高めます。好きな分野の専門力を養いつつ、総合力も鍛えられるのが特徴。並行してコミュニケーションスキルを磨き、製菓業界で即戦力として活躍する実力を身につけます。

1年次パティシエ科 共通

洋菓子(基本編)

洋菓子(基本編)

スポンジ、シュー、フィユタージュ(パイ)など洋菓子の基本レシピと技術を学びます。クリームの技術は反復練習で体得します。

パン

パン

食パン、ロールパン、菓子パン、フランスパンなどの配合を学びます。計量からミキシング、発酵、成形、焼成まで、実際の店舗と同じ工程で作ります。

和菓子

和菓子

あんやもち、上生菓子、まんじゅうなどを作ります。代表的なこれらの和菓子からは、和菓子づくりの基本となる技術の数々が学べます。

2年次で国家試験の製菓衛生師資格を取得するために、1年次では受験資格獲得に向けて製菓理論、食品衛生学、栄養学などの学問領域を重点的にカバーします。並行して、科学的理論に基づく製菓の知識、就職後に必要な接客スキル、フランス語の基礎も身につけます。

2年次 パティスリーコース

洋菓子(応用編)

洋菓子(応用編)

パティシエの現場では、ナッペ(クリームを塗る作業)のスピードや仕上がりの美しさも問われます。早期に戦力となれるよう、大量生産時に対応できる技術の習得を目指します。また、多様な洋菓子を実践的に作りながら、幅広い技術を学びます。

チョコレート

チョコレート

調理中の温度管理が大切なチョコレート。テンパリングといわれる調温技術など基本技法をはじめ、さまざまなチョコレート技法を習得します。

アメ細工

アメ細工

高温(180℃)のアメを扱うために必要な知識と技術を身につけます。また、砂糖の種類により異なるアメの性質を学び作品制作に取り組みます。

工芸菓子制作

工芸菓子制作

専門技術をもつ講師から学ぶシュガークラフトやマジパン細工の技術は、ジャパンケーキショーや卒業制作の作品づくりに活かすことができます。

パティスリーコース特色

時間割 例

  Mon Tue Wed thu Fri
1
9:15-10:45
コース別授業
(チョコレート)
商品研究 マーケティング 製菓実習
(工芸菓子)
ラッピング
2
10:55-12:25
3
13:10-14:40
製菓実習 コース別授業
(アメ細工)
製菓実習 ショップ
デザイン
製パン実習
4
14:50-16:20

※カリキュラムは改定することがあります。

主な専門科目

1年次(パティシエ科共通)
製菓衛生師国家試験必修科目:製菓理論/製菓実習〈洋菓子・パン・和菓子〉/食品衛生学/公衆衛生学/食品学/栄養学/衛生法規/社会
その他:サービス接遇/フランス語/インターンシップ/デザイン特論/進級制作
2年次
選択必修科目:一般教養/マーケティング/色彩学/ビバレッジ/就職指導/デザイン特論/サービス接遇/卒業制作/デッサン/ショップデザイン/実務実習(インターンシップ)/ラッピング/フードデザイン/Webデザイン/表現技法/国試対策

目標取得資格

1年次(パティシエ科共通)
製菓衛生師国家試験受験資格/サービス接遇検定 2 級・準 1 級・1級
2年次
製菓衛生師( 2 年次受験)/色彩検定/サービス接遇検定 2 級、準 1級、1級/菓子製造技能士 2 級(受験資格)/パティスリーラッピング検定/食品衛生責任者

ページの先頭へ戻る