特待制度について

特待制度の利用で学費を低く抑えることができ、お金を夢や目標のために有効活用できます。

特待制度で狙える学費免除とは

本校特待推薦入試合格者は、結果によって、A特待推薦・B特待推薦・C特待推薦のいずれかになります。
また、特待推薦選考で不合格になった場合でも面接試験、書類審査等の結果で、本校入学基準を満たしていれば、推薦合格となります。
※特待推薦入試は、指定校特待推薦・指定校推薦の併用はできません。
※足利製菓専門学校 調理製菓科:特待Ⅰ.Ⅱは対象ではありません。

特待推薦Ⅰ 定員なし

学校生活での態度・能力が優秀かつ将来有能な社会人として活躍でき得る学生を対象

出願資格
  1. 1.高等学校卒業見込みの者
  2. 2.学習評定平均3.2以上(3年1学期又は3年前期まで)
  3. 3.欠席日数30日以内(3年1学期又は3年前期まで)
  4. 4.高等学校において学校長または進路指導部長の推薦を受けた者
選考方法 学力試験(国語・数学・英語のうち1科目選択)/書類調査/面接/志望理由書
種類と特典 A特待推薦生【84万円免除】(入学金免除・授業料半額免除・実習設備費半額免除)
成績・欠席審査の上2年間有効
※国語・数学・英語のうち受験科目1科目受験し80点以上
※面接A評価

B特待推薦生【40万円免除】(入学金免除・1年次授業料半額免除)
※国語・数学・英語のうち受験科目1科目受験し70点 – 79点
※面接A評価

C特待推薦生【10万円免除】(入学金免除)
※国語・数学・英語のうち受験科目1科目受験し60点 – 69点
※面接A評価
  • 受験できる特待生の種類は他にもたくさんあります。
  • 詳しくは募集要項をご覧ください。
  • 募集要項の送付は資料請求よりお申込みください。